JRの日帰りかにカニエクスプレスで、竹野・城崎へ行ってきました。
経費と案内役は、Yoさんに全部、おんぶにだっこしてもらって、らくらく、ゆうゆうツァーです。

大阪8時14分発の特急に乗るつもりで、ホームに8時に着いたのですが、ここで予期せぬ出来事。
予定していた列車には乗れず、駅構内の喫茶で、お茶するハプニングありの出発でした。

約1時間遅い9時10分発、こうのとり3号に無事乗車。
城崎温泉駅乗り換えで、竹野へ着くと12時を少し回っていました。
駅を出ると、お世話になる「後藤旅館」さんのワゴン車が待っていて、5分あまりで昼食会場に着きました。

1701kinosaki8 1701kinosaki7
JR竹野駅と後藤旅館さんの建物

平日ですが、カニツァーのお客さんで、会場は賑やかです。
廊下に並ぶスリッパを数えてみました。
30人は下りません。
案内された部屋は、テーブルが三つに分けられ、両隣は10人近くのグループさんで、いずれも職場の集まりのようでした。

案内されて席へ着くと同時に、食事開始です。
お造りから始まり、焼きガニ、カニ鍋、雑炊…で、カニ三昧。

1701kinosaki2
お皿には立派なカニがいっぱい

1701kinosaki3
焼きガニにして…

1701kinosaki4
鍋にして…

1701kinosaki21
雑炊にして、お腹満腹

身の詰まった大きなカニは、ボリューム感たっぷり、味もよし。
カニの本場で、カニをいただくのは初めての体験で、大いに堪能することができました。

カニをいただいた後は、城崎温泉をぶらり散歩。

1701kinosaki23
大谿川と温泉街

城崎温泉駅から大谿川に沿って、温泉街を歩いて、奥にある温泉寺に。
薬師堂にお参りした後、城崎温泉ロープウェイで、山頂駅まで楽して上りました。

1701kinosaki9
温泉寺山門

1701kinosaki20
薬師堂

曇ってはいましたが、展望台から城崎の街、日本海や丹後半島までよく見えました。

1701kinosaki11
展望台から眼下の景色を望む

1701kinosaki12
眼下に城崎の街、中央を横切る円山川、左奥に日本海、中央奥に丹後半島が見える

1701kinosaki13
城崎の街、ズームアップ

1701kinosaki14 1701kinosaki22
山頂駅近くのお地蔵様と温泉寺奥の院

 温泉街を上から眺め、下りてきて「一の湯」さんでひと風呂。

1701kinosaki16 1701kinosaki24
一の湯さんと、温泉街

城崎は、何度か泊まったことがあり、宿に泊まって、外湯めぐりをするのが、楽しみな観光地。
以前泊まったときは、宿で外湯巡りのお札をもらい、はしごして外湯巡りをした思い出があります。
現在は、IC付きのカードを、入り口の読み取り機にタッチするようになっています。

浴衣に丹前を羽織り、カードを首からブラ下げている人は、今晩宿泊する人。
なるほど、こうすると、人数やお客さんの形態など効率よく把握できます。
随分、進化したものだと感心させられました。
日帰者は、入浴料1回、600円です。

帰りは城崎温泉駅から大阪駅まで、グリーン車でゆっくり。

1701kinosaki18 1701kinosaki19
城崎駅と帰りの特急こうのとり24号

一日だけの旅でしたが、楽しませてもらいました。
感謝、感謝です。
2017.01.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/2842-0c76b52e