ぶらり駅前まで出たついでに、以前、住んでいた帝塚山南へ、足を延ばしました。
住宅地の奥には、梅林公園があり、梅の花が見頃を迎えているかも…、という期待もありました。

住んでいたのは、30年以上も前のこと。
その頃、幼木だった梅の木は、長年の歳月を経て、ほとんどが古木に変わっています。
手入れが、なかなか行き届かないようで、それを反映してか、花付きももう一つ。
陽当たりがよい南斜面で、好条件の梅林なのに、惜しいような気がします。

170303a
黒谷公園の梅林

何度も行った黒谷公園ですが、梅林の奥から矢田丘陵へ行ける道があるのを、初めて知りました。
歩いて見ると、踏み跡がしっかりついていて、よく踏まれた道です。

170303b
道標も付けられている

170303c
よく踏まれたいい道

登っていくと、矢田丘陵遊歩道。
榁ノ木峠と椚峠(くぬぎとうげ)の間に出ました。

170303d 170303f
矢田丘陵遊歩道出合、バイク通行禁止の張り紙

170303g
矢田遊歩道から西奈良の町を眺める

道標の下には、以前にはなかった「バイク通行禁止」の張り紙。
根を切る、木、人にあぶないと書かれています。
丘陵の遊歩道は、適度なアップダウンがあって、歩きやすい道ですが、こんなところまでバイクで入ってくるなんて。
言語道断。
山のマナーは、守って欲しいものです。

ナラ枯れの木が、目立ちます。
枯れた木には、白いキノコがビッシリ。

170303k
目に付くナラ枯れ

170303i
被害に遭ったコナラ

ナラ枯れは、大きな問題になっています。
猛毒の「カエンタケ」発生との関係が言われており、至る所でナラ枯れの伐採が行われていますが、手がまわらないほど。

他にも、注意喚起。
蛇の絵が描かれた注意書きには、
・水辺、草むらなどには立ち入らないで下さい。
・岩のすき間に、手を入れないで下さい。

蛇は大嫌いなので、絵を見ただけで、思わずビクッとしてしまいます。
山歩きは大好きですが、蛇は恐〜い。
暖かくなってくると、花や緑が彩ってくれますが、心配事も増えます。

170303m 170303l
蛇に注意、ミツバツツジの開花は、まだまだ

30分ほどのぶらぶら歩きのつもりが、家へ戻ってみると、2時間半近くのぶらり歩きになっていました。

2017.03.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/2873-3379e334