柳川の水郷を舞台にした柳川健康マラソンを走りました。
柳川駅から無料のシャトルバスに乗って、会場の有明地域観光物産公園入り。
グラウンドには、舞台が設置され、フィニッシュアーチや地元物産展が並んでいます。

1703yanamara28 1703yanamara33
幟がたくさん立っている、地元物産展店舗

受付や更衣は、メイン会場になる「水の郷」。
ここで、更衣後の手荷物も預かってくれます。
1階には、大きなひな飾りが展示されていました。

1703yanamara30
柳川おひな祭り

大会は、今回で3回目。
10km、6km、2.5km(ファミリーの部も同じ距離)の種目があります。
全種目合わせて、エントリー数は、1.692名。
大きな混乱もなく、ほどよい人数です。

開会前に、地元のゆるキャラちゃんも登場。
協議開始前には、名門大牟田高校陸上部のストレッチの指導がありました。

1703yanamara11 1703yanamara31
ご当地ゆるキャラ・センドくん(左)とこっぽりー(右)、スタート前のストレッチ

10kmの部に参加しました。
ほぼフラットな、走りやすいコース設定です。

 1703yanakos
コース図(大会主催者作成のもの)


柳川観光の中心部も走り、なかなかいいコースです。
沿道の声援は、決して多いとは言えませんが、温かいエールです。

1703yanamara12
10kmスタート前

1703yanamara16
お堀端、観光の中心部を走る

1703yanamara15
観光客の声援もあります

1703yanamara14
この辺りで1km過ぎ

1703yanamara34
給水所はスポーツドリンク、水

1703yanamara35
距離表示は1km毎にある

1703yanamara19
折り返し地点に向かう

1703yanamara20
折り返し地点

1703yanamara21
美味しい「あまおう」がうれしい

終盤になって雨が降り出しました。
雨の中でも、沿道で声援を送ってくれる姿を見ると、ありがたいです。
目標70分でしたが、52秒ほどオーバーしてフィニッシュ。

1703yanamara24
10kmフィニッシュ

タオルと飲み物をもらい、完走証を受け取って、おにぎり弁当と名物うなぎの試食がありました。
他にも、参加賞に地元産のドレッシングももらいました。
これで、参加費2千円。

1703yanamara25
参加費の中に入っているおにぎり弁当と、うなぎの試食

年々、参加費が高くなる中で、この金額は破格の安さ。
ありがたいことです。
「水の館」には、お風呂もあり、ランナーは無料で入れたのですが、あまりに人が多く、入浴はあきらめました。



柳川から熊本経由で雲仙に

帰りも無料のシャトルバスに乗って柳川駅に。
柳川駅から、電車、バス、フェリーを乗り継いで、雲仙に入りました。
途中、熊本駅で、あわや乗り継ぎミスかと思われるハプニング。

柳川から大牟田へは西鉄。
大牟田から熊本駅はJR利用。
大牟田駅のホームには、石炭が展示されていました。
かっては、炭鉱として栄えた町。
今は、世界遺産に登録されています。

1703yanamara26 1703yanamara27
燃える石のふるさと・石炭の展示。熊本行きの普通列車

熊本駅までは、連絡がうまくいき、順調でした。
バスの乗車券売り場を聞いて、島原港までの切符を購入。
熊本駅から熊本港、さらに熊本港から島原港までは、往復割引切符があります。
次の熊本港行きのバスは、14時21分発。

ぎりぎりでしたが、間に合う時間でした。
バス停に着いたのは、21分になるか、ならないかの時間。
しかし、時間が来ても、一向にバスが来ません。
15分ほど待ちました。
バスが行ってしまった後のようでした。

次のバスは1時間後。
仕方なく、駅の2階にあるワッフルのお店で、お茶して待ちました。
1時間後のバスには、間違いなく乗れるだろうか。
不安な気持ちでした。
次の便を逃すと、宿のチェックインがむずかしくなります。

同じような運命の人が、一人いました。
中年の男性の方で、自分たちより早くからバス停で待っていました。
なのに、乗れなかったのです。

その人も、1時間後にバス停に来ていました。
聞くと、やっぱり行き先は、島原でした。
お互いに、次の便に乗れて無事、島原港に着きました。

熊本に着いた頃から、雨の降りはひどくなり、もやったような感じになりました。
フェリーで有明海、雲仙の姿を見るのを楽しみにしていましたが、何にも見えませんでした。

1703yanamara40
島原港行きのフェリー、雨で視界効かず

1時間遅れで雲仙温泉到着。
宿泊のホテル東洋館さんは、バス停の真ん前。
18時20分に、無事、チェックインできました。

案内してもらった女性の係の人が、雲仙では最も大きなホテルだと話してくれました。
標高が800mくらいのところにあり、雲仙では建物規制のため、5階以上は建てられないそうです。
東洋館も、5階建て、大きく両手を広げたように、横に広い建物です。

昼食は、マラソンでもらったお弁当とうなぎ。
それを2人で食べたのと、ワッフルだけ。
お腹が空いていました。

宿泊費はリーズナブルな値段でしたが、とても、おいしい料理でした。

1703yanamara41
今夜の夕食1

1703yanamara42
今夜の夕食2

1703yanamara43
今夜の夕食3

温泉にも、ゆっくりつかり、疲れも癒やされました。
雨のため、写真が撮れなかったのが残念です。

2017.03.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/2890-3c218a9c