暖かいというより、暑いほど。
家に閉じこもっては居られず、お昼御飯を食べてから、奈良公園をぶらり歩き。

上から降り注ぐ光は、春を通り越し、日中なら半袖Tシャツで十分。
長袖だと、脱ぎ捨てたくなります。

ゴールデンウィークとあって、東向商店街から、三条通り、餅飯殿商店街も活気がありました。
何度も行っている奈良町界隈ですが、行く度に新しいお店ができていて、雰囲気も少しずつ洗練されてきているように感じます。

食事処も、たくさんできていて、奈良には旨いものなし、というのは過去の話し。
洒落たお店ができていて、入ってみたい気持ちにかられます。

奈良町のにぎわいの家は、開館3年目。
昔ながらの造りの家は、落ち着いた風格があります。

1704nakoen10
奈良町にぎわいの家

見学は無料。
広い家をゆっくり見て回ることができるのは、うれしい限り。

1704nakoen12
中庭を眺める

1704nakoen13
よく手入れがされた家屋、庭

1704nakoen14
四季折々の花木、草花が出迎えてくれる

お家の中では、昔ながらの遊び、お手玉や紙相撲などが置かれていて、自由に遊べるようになっていました。

1704nakoen25
お手玉が置かれています

立派な蔵も公開されていて、その一角には、奈良の観光案内、パンフなどがきれいに並べられ置かれていました。

1704nakoen15
奈良に関するパンフがズラリ

ここでは、この建物を使って、盆石や茶室体験、かまど体験教室もあり、町屋講座も開かれています。
建物は無料で公開されているので、ぜひ、多くの人に見てもらいたいですね。

奈良町の工房の間を抜けて、浮見堂へと歩いて行くと、新郎新婦さんがカメラマンに続いて歩いていました。
公園の撮影スポットで、記念写真を撮られるようでした。
後から、そっと撮らせてもらいました。

1704nakoen8
奈良町の手作り工房を抜ける

1704nakoen7
大きなぬいぐるみを抱えた新郎さんと華やかな衣装の新婦さん

浮見堂の辺りは観光客が少なく、静かな奈良公園の雰囲気を味わえます。
ボートもいくつか浮かんでいます。
なんとなく、のんびりとした雰囲気。

1704nakoen5
浮見堂周辺は人も少なく、落ち着いた雰囲気

1704nakoen6
ボートがいくつか、ゆっくりと動いていました

飛火野は、広くて開放的。
藤が青空に映え、近くへ寄ると、いい匂いが漂ってきます。

1704nakoen1
開放的な景色が広がる飛火野

1704nakoen2
藤の花が、ちょうど見頃

1704nakoen3
藤をバックに記念撮影をする人

春日大社の方へも行ってみました。
参道へ入ると、やっぱりすごい人。

春日大社神苑(萬葉植物園)は、去年、同じ頃に行っているので、今回は素通り。
奈良公園の鹿さんも、今日の暑さは堪えるようで、狭い水路の中で、列を作って水を飲んでいました。
丸池では、中へ入って水を飲み、遊ぶ鹿さんもいました。

1704nakoen4
池の中でひと休み、やっぱり暑いんでしょうね

夢風ひろばにあるモンベルのお店にも立ち寄りました。
相方さんは、ここで帽子を購入。
夏用の登山パンツが欲しかったのですが、またの機会にしました。

ぶらりぶらりと、のんびり歩いて2時間余り。
歩いた後は、シャトードールさんで、お茶して帰ってきました。



2017.04.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/2931-a9aa9131