今日の話題は、庭のヤマモモの木。
引っ越しして、しばらくしてから、50cmほどの小さな苗木を植えたものです。
それが、30数年ほど経って、随分大きくなりました。

苗木が小さかったものですから、お隣さんとの境界近くに植えてしまい、今では毎年のように剪定しないと、お隣さんへ侵入してしまいます。

いつも秋頃に、大胆に切ってしまうので、実をつける今の時期になっても、実が極端に減ってしまいます。
今年も、ほんの少ししか付けていません。

170702b
庭のシンボル・ヤマモモの木

170702a
赤い実は少しだけ

たくさんなっても、ヒヨドリの餌食になってしまいますが、少ないと寂しい気ががします。
このヤマモモの木を見ていると、ここへ引っ越してきた歳月を感じます。


2017.07.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/2998-a1a4ae5d