山歩きとランの大会を兼ねた信州の旅も3日目、最終日。
白樺湖畔のホテルをチェックアウトして、安曇野の大王わさび農場に行きました。

1707daio1
今朝、ホテルの部屋から白樺湖を見る、空は曇天

1707daio50 
わさび農場案内図

わさび農場は、今回で3度目になります。
でも、前回はまだ、子どもたちが小さい頃で、30年近くも前のこと。
すっかり印象が薄れています。
水車の風景で知られる黒澤明監督の「夢」のセットはまだ、ないときでした。

1707daio2
「夢」の舞台となったところ

1707daio3
守り続けたい原風景

今回は、わさび農場を周遊するコースをゆっくりと歩きました。
緑の多い遊歩道です。
ぐるりと回るのは、もちろん初めて。

水車のある風景は、映画で見た印象そのもの。
景色を見ていると、ゆっくりと時間だけが、流れていくようです。
静かに、水車が回っていました。

1707daio4
美しい風景

1707daio60
ゆったりと流れる

1707daio6
性格の違う二つの流れ

1707daio7
唐箕(農機具)が時代を物語る

1707daio9
こちらの水車は止まっていました

有料ですが、ボートに乗って、この風景を味わうこともできます。
ボートから足を出して、川へ浸けている人もいました。
とても、気持ち良さそう。

1707daio15
ボートが浮かぶ風景

1707daio14
川面に映る景色もきれい

絶滅危惧種に指定されているアオハダトンボが、たくさん飛んでいました。
清流・湧水の使者とも呼ばれています。

1707daio8
アオハダトンボ、黒色は雌

1707daio10
雄はきれいな青色

1707daio12
ジッとしてくれていて、とても撮りやすい

岩屋やお社、小高い丘もあって、さながらミニハイキング。
いろいろ変化や発見があって、楽しい歩きです。

1707daio18
ワスレナグサに舞うチョウ

1707daio19
立派に育ったわさび

1707daio20
親水広場の池、突然変異種のニジマスが生息している

1707daio21
寒冷紗に覆われたわさび田

1707daio22
ひっそりと見守る石仏さま

1707daio23
涼風の小径

1707daio25
道元像の前で自撮り

1707daio26
幸いのかけ橋、2人で渡ると幸せになれる?

1707daio29
反対側から幸せのかけ橋を撮す

1707daio27
後方に北アルプス

1707daio28
大王神社、わさび農場の守り神「魏石鬼八面大王」(ぎしきはちめんだいおう)を祀る

1707daio30
開運洞

1707daio31
中は、宝船

1707daio33
こちらは大王窟

1707daio32
魏石鬼八面大王が祀られている

1707daio34
亀石の上に小さな祠

1707daio35
大王さまの見張り台

1707daio36
台上には、大きな丸い石がありました

1707daio37
八面大王の御神水、左から美人の水、御神水、知恵の水

1707daio39
きれいな建物、レストランもある

1707daio44
新鮮なわさび

ゆっくりと、ひと通り回って1時間半ほど。
締めは、名物のわさびソフト。
ここの定番です。

道祖神を眺めながら頂きました。
それにしても、道祖神は2人連れが多いです。

1707daio38
仲良く寄り添って

1707daio42
表情はみな、違う

1707daio43
これから先も無事でありますように…

1707daio41
名物、わさびソフト

3日間の旅も、これでおしまい。
これから、暑い暑い奈良へと帰ります。
2017.07.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/3012-df71f21a