長野県松川町で行われた南信州まつかわハーフマラソンを走ってきました。
昨日、木曽駒ヶ岳へ登り、疲れが残っていて、起床したときには、応援に回るつもりでした。
でも、会場に着くと、ゆっくりでも行けるところまでいくかな、という気持ちになり、出場することにしました。

頭から太陽が照りつけ、暑くなりましたが、沿道の厚い声援を受け、エイドで水分補給をしながら、なんとか完走することができました。

コース


町営の宿・清流苑をチェックアウトし、案内板表示に従い駐車場に指定されている松川町運動公園へ。
ここからシャトルバスで、メイン会場の中央公民館に到着。
ゼッケンなどは、事前送付のため、当日受付は不要。

8時20分には、会場に着きました。
着替えを済ませて9時のスタート時間を待ちます。
今大会は、以前の大会がリニューアルされて3回目を迎えます。

競技種目は、3km小学生男女、3kmファミリー、それに5kmとメインのハーフマラソン。
ハーフのエントリー数は、1339名(男子1020、女子319)です。
混雑することもなく、ほどよい人数です。
メイン会場には、物品販売コーナーや参加者へのふるまいコーナーもあって、スタートまで、充分に見て回る時間がありました。

1709matu1
メイン会場の風景

1709matu30
まつかわ町のコーナー

1709matu2
販売コーナーでは、りんごが特価で売られていました

1709matu3
フィニッシュ後にいただける、りんごやなしのおもてなしコーナー

ハーフのスタート地点は、メイン会場の北にある松川中学校前。
青空が広がり、日差しを浴びると暑いほど。

1709matu4
スタートを待つハーフのランナーさん

ハーフは、スタートして7km付近まで、ずっと登り。
そこを過ぎると、15km付近まで下り、18km付近からまた登るという設定になっています。
前半7kmまで、我慢の走りが続きます。

170910c 
コース高低図

完走が目標。いつもの練習ペースで、呼吸を整えながら、ゆっくりとついていきました。
高低差は、結構ありますが、縦横に巡るコースは、移りゆく変化ある景色を楽しむことができ、気持ちが晴れます。

1709matu5
前半は登りが続く

沿道の声援は、決して多くはありませんが、出会うところでは、熱心な声援やエール。
ありがたいですね。
こちらも、お礼の返事を返して過ぎます。

1709matu6
ところどころで、声援をもらいながら走る

1709matu7
起伏に富んだ変化のあるコース

1709matu8
沿道にりんご畑、後方に南アルプスの山

この大会は、地元交通安全協会や町内自治会をはじめとする各種団体や協賛事業所の協力、援助によって支えられています。
松川高校の皆さん、ボーイスカウトやシルバー人材センターの皆さんなど、多くの人たちが、ボランティアとして活躍していました。

1709matu9
エイドで給水のお世話をするボランティアさん

1709matu10
ボランティアさんに感謝です

1709matu11
折返し点を過ぎた6km付近

コース上に、4つの関門が設けられています。
第1関門(3.8km 9:30)
第2関門(9.2km 10:20)
第3関門(13.6km 11:30)
第4関門(16.5km 11:25)
制限時間は12時、スタートをして3時間です。
距離表示は1km毎にあり、ペースや時間を確認しながら走ることができます。

下りになると、風も受け気分爽快。
登りに費やした時間を、下りで取り戻します。

1709matu12
南アルプスを眺めながら下る

下って天竜川にかかる宮ヶ瀬橋を渡ります。
しばらくは、まだ、下り基調。

1709matu13
14km付近の宮ヶ瀬橋

1709matu14
橋上から天竜川を眺める

開放的な、稲穂の中を走ります。

1709matu15
稲穂の黄色が映える

1709matu16
田園風景の中を走る、癒やされる風景

1709matu17
暑さ対策のため、簡易シャワーが設置されている

天竜川にかかる二度目の橋・台城橋を渡ると、登りに転じます。
18kmから延々と続く登り。
疲れている足には、走る余力もなく、ひたすら歩き。

1709matu18
18km付近の登り坂、右の林は台城公園

1709matu19
まだまだ登り

1709matu20
沿道で声援をおくるおばあちゃんとお孫さん?

1709matu21
太鼓の演奏に励まされる

後方で走っていましたから、周りのランナーさんも、坂道ではほとんどの人が歩いていました。
多くのランナーさんが、すでにゴールをしている時間帯です。

でも、みんなで歩いていると、ひとりぼっちではなく、これはこれでいて、楽しいのです。

1709matu22
みんなで歩けば、心強い

1709matu23
この坂、きつい。ゴールまでもうすぐなのに

1709matu24
ボランティアさんから、「ここから平坦ですよ」と声がかかる

1709matu26
平坦になっても、なかなか足がすすまない

ゴール前の最後の短い坂を登り切ると、目の前にフィニッシュゲート。
最後は、両手を挙げて走り抜けました。

1709matu27
ハーフを走り切って、見事フィニッシュ

タイムは2時間46分19秒。
もう、足がパンパン。
それでも、沿道の皆さんのお陰で、無理なく、楽しく走れました。

フィニッシュすると、りんごやなしが食べ放題。
おいしくいただきました。

1709matu29
フィニッシュ後の会場風景

参加賞は、地元産のコシヒカリ(3kg)でした。

1709matu31
走った後に、参加賞受け取り

多くの大会で、参加賞はTシャツが多く、これまでたくさんもらいました。
押し入れに眠ったままで、個人的には、お米は嬉しいです。

大会会場を後にして、帰りに産地直売のお店に立ち寄りました。
りんごとなしのお徳用の袋(1袋500円)をひとつずつ購入。

そばに赤く色付いたリンゴの木があり、写真を撮らせてもらいました。
店番をしていたおばあさんが、「一つだけならとっていいよ」という言葉に甘えて、一つもぎ取らせていただきました。
「へたをつけて、とるんだよ」と、言われたのですが、赤い実だけになってしまい、「へたくそ」と、言われてしまいました。
いい思い出になりそう。

1709matu32
赤く色付いたりんごに惹かれます

帰りは、松川ICから高速道路に入りました。
完走のご褒美は、恵那のサービスエリアで、昼食に豚しゃぶの定食。
ボリューム感満載で、心も身体も満足、満足。

1709matu33
豚しゃぶ定食の昼食

昨日、今日と、中身の濃いい充実した2日間でした。
外で身体を動かせることは、幸せなことです。

2017.09.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/3068-abf05cef