奈良は、寒冷前線の影響で、朝から強い雨が降り、警報が発令。
ことに、県の中部から北部にかけて、雨がひどく、通勤時間帯に電車が止まるなど交通機関が大混乱。
雨はお昼頃には止みましたが、こんな状態でしたから、どこへも出かけず。

そこで、先週末の信州の旅で、書き漏らしたことを記します。
土曜日、木曽駒ヶ岳に登り、その日の夜、宿泊したのは松川町の清流苑さん。

ここは、町で運営され、広い自然の地形を生かして、自然体験や遊びができる施設になっていました。
目玉は、桶風呂、露天風呂、絹の湯、薬湯など9つのお風呂。
日帰り入浴ができ、夜になっても、日帰りのお客さんが多く利用されていました。

170912f
信州まつかわ温泉・清流苑

宿泊した部屋は1階で、南アルプスの見える部屋というふれこみだったのですが、風呂のフェンスが邪魔していて、残念な気持ちになりました。
チェックインして部屋に入ると、テーブルにしょうが煎餅と、「ぴりり椎茸」の試食品が置かれていました。
それに加えて、冷蔵庫には、折りくず餅」。
2つのお菓子、試食の椎茸とも、美味しかったのですが、「ぴりり椎茸」の味がとても気に入り、お土産に買いました。

170912b
ぴりり椎茸としょうが煎餅、折りくず餅は冷蔵庫で冷やしてありました

宿の料理は、旅の大きな楽しみ。
地産地消のスタンダードなプランで頼んでいましたが、デザートまであり、食べ終えるとお腹はいっぱいになりました。

170912ac
付け出し(芋蛸南瓜の器・ミニ五平餅・えび唐揚げ・マンゴウプリン・ホオヅキ)
天麩羅盛り合わせ、とろろ汁、お造り各種、後のお皿には塩焼きのアユを盛る

170912ad 170912ae
鱧のしゃぶしゃぶと卵豆腐、アユの塩焼き

170912a
朝食メニュー

お風呂は、3度入りました。
泉質は、すべすべするようなお湯。
値段も相応で、良かった印象でした。
何より、マラソン会場に近く、翌朝の移動は、スムーズに行くことができました。

行きの東名阪道路では、乗用車の横転事故、帰りは阪奈道路で軽自動車の横転事故と、二度の交通事故に遭遇しました。
東名阪の事故は、事故直後のことで、警察はまだ来ておらず、道路にコンクリートの破片も散らばり、やっと一列で車が通れるくらいで、大変大きな事故でした。
巻き込まれなくて助かりました。

阪奈道路の事故は、横転した軽自動車が一車線を完全に塞いでいました。
事故の関係者と見られる若い人が、茫然自失の状態で側壁にへたり込んでいるのが見えました。

車の事故は怖いです。
自戒を込めて、運転には気をつけなければなりません。
2017.09.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/3070-7354617b