先週の台風で、門柱にゲート状に仕立てていたモッコウバラが、風にあおられて、垂れ下がってしまいました。
通る度に、頭や顔にひかかり、思い切って、太くなった幹ごと切りました。

実際に作業をしてみると、門柱に固定していた支柱が、斜めに倒れかかっています。
支柱を結束バンドで固定していたのですが、それが切れてしまって、支えを失っていました。
支柱に絡みついていたモッコウバラが、かろうじて、倒れるのを防いでいました。

モッコウバラを切って、支柱も、固定し直しました。
門扉周りがすっきりしました。

170921c
これは、3年半前のモッコウバラ

170921d
モッコウバラの姿は跡形も無く、門扉がすっきり

これで、一番喜んでいるのは、トネリコの木。
モッコウバラが覆って、迷惑顔をしていましたから。

ゲートは5年半前に作り、そのときに、モッコウバラを植えました。
5月の初めには、白や黄色の花をたくさん付けていました。
花の時期は、楽しませてもらいましたから、切ってしまうと、ちょっぴり寂しさも残ります。
さて、この門柱、次にどう仕立てるか、相方さんのアイデアを期待しましょう。

2017.09.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/3079-1eecdd69