この時期にしては気温高く、奈良は29℃を超えて暑いくらいでした。
今日だったら、鈴鹿も雨はなかったのに…と、昨日の天気を恨めしく思ってしまいました。

夕方、ご近所界隈をぶらり歩き。
今は、空き家になっている一角に、ザクロが赤い実をつけていました。

171010a
色艶のいい大きなザクロの実

植えられてから、かなりの年数が経っていて、幹の太さは直径15センチくらい。
実も大人の握り拳くらいの大きさがあり、ちょうど今が収穫時期です。
観賞用の小さなザクロは、たまに見かけることがありますが、成木に大きな実をつけたものは、ほとんど見ることはありません。

田舎育ちの自分には、それを見ると、懐かしいものを感じて、とって食べたい衝動にかられます。
殻を割ると、中にはビロードのような赤く透き通った小さな粒がいっぱい詰まっていて、それを口に含んで、種だけペッと吹き飛ばして、面白がった記憶が甦ります。

到底、手の届かない頭上の赤い実を見つめ、懐かしさも手伝って、写真だけ撮らせてもらいました。

2017.10.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/3098-d1d4a718