FC2ブログ
好天に恵まれた第35回黒部名水マラソン(10kmの部)を走ってきました。

高岡駅前のホテルを、7時半にチェックアウトして、高岡発7時45分の黒部行きに乗ると、8時41分黒部着。
駅から会場の黒部市総合運動公園まで歩いて15分ほどですが、駅前で無料のシャトルバスが待っていました。
楽ちんです。

黒部名水マラソンは、富山を代表する企業、YKK株式会社の創業50周年を迎えた1984年に、アメリカ合衆国・第39代大統領のジミー・カーター氏が黒部市に来られたことを記念し、第1回ジョギング大会が開催されて以降、毎年開催されています。

今では、富山を代表するマラソンレースとして、総エントリー数は1万人を超えるマンモス大会となっています。
種目はフルマラソン(5699人)、10km(2083人)、車いす(6人)、5km(1537人)、3km(686人)、3kmジョギング(580人)と多彩。

10kmの部に参加しました。

10kmコース表


会場に着くと、フルマラソンの部がスタート(9時)をするところでした。
10kmの部は、全種目で最も遅い10時20分のスタート。
受付時間も9時半までと余裕です。

メインアリーナで受付を済ませ、時間が来るまで、先にスタートをしたちびっ子たちの快走ぶりを見て、会場内をうろうろ。
広い会場には、たくさんのブースが出ています。
総合運動公園は、多くの設備があり、市民の憩いの場となっています。
足湯のコーナーもありました。

1805kurobe1
メインアリーナ。受付、参加賞の引き渡し、手荷物預かり所となっている

1805kurobe28
噴水があり、子どもたちには大人気

1805kurobe29
アクアパークで遊ぶ

1805kurobe30
ここで遊ぶと、モンキーさんになったよう

1805kurobe31
総合公園から見る立山連峰(お昼頃撮影)

1805kurobe2
3kmの部、フィニッシュ目前の子どもたちの力走

朝方は、霞んでいて薄いベールを被せたような天気でした。
立山連峰も全く見えません。
時間の経過とともに、少しずつ視界がきくようになってきました。
それと同時に、気温も上がり、暑さが気になります。

10kmのエントリー数は約2千人。
整列は、速いタイム順で前からA、B、C、Dと4つのブロックに並びます。
遅いタイムで申告したので、一番後ろのDブロックからのスタートでした。

1805kurobe3
Dブロックで、スタートを待つ

コースは前半、内陸部を走り、後半は海沿いの道となります。
平坦な道で、アップダウンが少なく、走りやすいコースです。
民家が並ぶところでは、沿道の声援が多く、励まされます。
給水は、2.5km毎。
水とスポーツドリンクが用意されています。

1805kurobe4
沿道で法被を着て声援

1805kurobe5
声援は何よりもうれしい

1805kurobe6
給水ポイント、たっぷり水分を補給

1805kurobe7
右手は海

1805kurobe8
ちょっと分かりにくいですが、前方に立山連峰が見えてくる

1805kurobe9
右の屋根の上に立山が見えています

1805kurobe10
声援に応えて、快調です

立山の伏流水で知られる清水(しょうず)の里・生地(いくじ)に入ると、応援、声援が一層、大きくなります。

1805kurobe11
海岸沿いから清水の里へ向かう

1805kurobe12
可動橋の生地中橋を渡る

1805kurobe13
生地中橋を渡ると、生地のメイン通りへ入る

1805kurobe14
生地地区を走り抜ける

1805kurobe15
声援がいっぱい

1805kurobe16
気持ちよく走り抜ける

海沿いの道となり、折り返すと、ゴールまでひたすら走るだけ。

1805kurobe17
終盤の海沿いの道、往路と復路のランナーがすれ違う

1805kurobe18
最終ポイントの給水所

1805kurobe20
折り返し点に向かうランナーさん

1805kurobe23
海を見ながら走るのは、爽快

海沿いの道に別れを告げると、ゴールまでは、もう一踏ん張り。
運動公園が見えてきます。

沿道からの声援を受けて、10kmフィニッシュ。
気持ちよくゴールゲートを駆け抜けました。

1805kurobe24
見事、フィニッシュ、バンザ〜イ

フィニッシュタイムは、1時間08分34秒(ネット)。
ファンランで走りました。
気温の割には、湿度は低く、とても、さわやかな感じで走ることができました。

走り終えた後は、無料サービスのカニ汁、名物・ますの寿司、名水だんごをいただきました。
(参加賞は他にTシャツ、完走者には記念メダルがあります)

1805kurobe27
各種のお店が並ぶ

1805kurobe26
名水だんご、カニ汁、ますの寿司(ランナーにはサービス券がついている)

走り終えた後は、今夜の宿泊地・宇奈月温泉へ。
会場から無料のバスが出ています。
午後になると、だんだんと立山連峰がはっきりと見えてくるようになりました。

1805kurobe32
宇奈月温泉へ向かうバスの中から立山方面を望む

宇奈月温泉では、駅前の食事処「うなづき屋」さんで、名水ポーク生姜焼き定食(1050円)をいただきました。
これが、とても美味しいものでした。
値段もリーズナブルです。

1805kurobe40
名水ポーク生姜焼き定食

1805kurobe41
相方さんは、氷見うどん、白海老かき揚げ付き(1050円)、これも美味しい

今夜の宿は、宇奈月温泉駅とトロッコ列車駅の間にある「フィール宇奈月」さん。
明日から、天気下り坂のようですが、雨が降らなければ、トロッコ列車に乗る予定です。

2018.05.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/3334-cb11165d