FC2ブログ
台高山脈の北に位置する高見山。
さらにそこから北東方向に延びる三峰山脈の支脈北端に学能堂山(がくのどうやま)があります。
奈良と三重の県境にあって、その頂上からは、360度の景観が広がる山です。
今回、山歩きの教室で20名のメンバーさんと、一緒に登ってきました。

行程
橿原神宮前駅8:00〜(バス)〜9:30神末上村バス停9:32ー10:25小須磨峠10:34ー10:49小ピーク10:53ー11:01白土山(標高982m)ー11:13東俣山ー11:31学能堂山(標高1021.6m・昼食休憩)12:05ー13:17林道出合13:20ー13:30伊勢本街道出合ー13:32杉平バス停13:45〜(バス)〜15:03橿原神宮前駅 距離約7.5km、歩行所要時間(休憩含む)4時間00分、累計高度(+)約634m(ー)約789m 人数20名、ガイド2名、

180619tizu2

ルート
180619gakuno



橿原神宮前駅からバスで出発。
途中、道の駅「伊勢本街道 御杖」でトイレ休憩をとり、神末上村バス停到着。

神末上村バス停は、先月開催された御杖マラソンの折返し点で、神末川に架かる橋とバス停の建物は、まだ記憶に新しいところです。

1806gakuno1
神末上村バス停。先月の大会で、ここを走ったばかり

バス停を左に見て、左に道をすすみます。
前方左には、上村の集落が見えます。

1806gakuno2
上村の集落が見える

橋を渡り、左にカーブしすすむと突き当たり、民家の前にやってきます。
そこに、学能堂4.1kmの道標。左に折れて舗装道をすすみます。

1806gakuno3
突き当たり民家の前に道標がある

1806gakuno4
道標を見て左へ

少し行くと、シカ除けのゲート。
ここをくぐって、ゆるやかな勾配の道をすすみます。

1806gakuno5
シカ除けのゲートを入る

周りは植林帯で、左に神末川が流れ。

1806gakuno6
左に川を見てすすむ

1806gakuno7
山道に入るまでは、ゆるやかな道

1806gakuno8
川の流れを見ながらすすむ

川縁には、ヤマアジサイやユキノシタ、ウツギの花などを見ることができます。

1806gakuno9
流れをバックに、ヤマアジサイ

1806gakuno10
小さな花がたくさん、ユキノシタ

1806gakuno11
ウツギ

右に曲がって沢を跨ぐと、いよいよ山道に。

1806gakuno12
沢を跨ぐ

山道の取り付きに道標が立っています。
学能堂まで3.0kmの標示。

1806gakuno14
山道の取り付きにある道標

ここが実質の登山口。
ひと息入れて、山道の登りにかかります。

1806gakuno13
ちょっとひと休み

ここから傾斜が増します。
周りを植林が囲み、蒸し暑く汗がジワジワと出てきます。

1806gakuno15
傾斜のきつい登り

道は幾分か、ゆるやかになり、右に谷を見てすすむと、谷沿いの道となります。

1806gakuno16
右側が明るくなってくる

1806gakuno17
谷の道に入る

フタリシズカが随所に。
花はもう終わりです。

1806gakuno18
斜面には、フタリシズカ

1806gakuno21
花はもう終わり

間伐された木が散乱しています。

1806gakuno19
少し荒れ気味の登山道

1806gakuno20
谷筋をすすむ

谷筋から別れて急坂を登ると、小須磨峠です。
道標には、学能堂まで2.1km。
ここから尾根道です。

1806gakuno23
小須磨峠への登り

1806gakuno24
小須磨峠

1806gakuno25
小須磨峠で小休憩

峠を左に折れ、植林の中をすすむと、小ピークに辿り着きます。
この辺りから自然林の景色に変わってきます。

1806gakuno26
小須磨峠から尾根道を登る

1806gakuno27
左・人工林、右は自然林

1806gakuno28
小さなピーク

尾根道に入って、少しだけ涼しい風があたります。
心地よい風。
尾根道をアップダウンしながらすすみます。

1806gakuno29
アップダウンの尾根道

左にシカ除けのフェンスが現れ、この先、フェンスに沿うようにすすみます。

1806gakuno30
しばらくは、ゆるやかな歩きやすい道

1806gakuno31
フェンス沿いをすすむ

1806gakuno32
バイケイソウが生える

1806gakuno33
ヒメシャラ

1806gakuno34
いい感じの尾根道

こんもりとした白土山を過ぎてすすむと。前方から右の視界が開けてきます。

1806gakuno35
プレートが無ければ、すんなりと通り過ぎてしまうような白土山

1806gakuno36
白土山から前を見る

1806gakuno37
テープもある

1806gakuno38
ウツギ真っ盛り

1806gakuno39
視界が開ける

1806gakuno40
右手に見える局ヶ岳(別名・南伊勢の槍ヶ岳)

前方正面に、めざす学能堂山が見えてきます。
ドーム型の堂々とした山容です。
下って、登り返しの道が待っています。

1806gakuno41
正面に学能堂山、堂々とした姿

下って再度、植林帯をすすむと、目立つことのない東俣山を越え、鞍部へ下ります。

1806gakuno42
尾根の植林帯

1806gakuno43
あっけなく通り過ぎてしまいそうな山

1806gakuno44
東俣山は、これという特徴のない山

1806gakuno45
鞍部にある道標、山頂まで400m

鞍部から山頂まで、急坂です。
しかも、滑りやすい土質です。

1806gakuno46
学能堂山へ、最後の登り

1806gakuno47
山頂まで、もうすぐ

1806gakuno48
山頂手前で、三峰山、高見山を見る

1806gakuno49
目の前が山頂

1806gakuno50
山頂到着

雲は多いものの、視界は良好。
天気予報は、降雨予想70%でしたから、上出来の天気です。

1806gakuno55
三角点と山頂標識、後方左寄りに高見山

1806gakuno56
山頂から西方向を見る

180619sha6
南方向パノラマ(画像クリックで拡大)

180619sha2
西方向パノラマ(画像クリックで拡大)

180619sha8
北方向パノラマ(画像クリックで拡大)

180619sha4 
東方向パノラマ(画像クリックで拡大)

1806gakuno51
遠くに曾爾の山々(奈良県側)、中央左側にみつえ高原牧場

1806gakuno53
東側、左奥に局ヶ岳

1806gakuno57
東方向をズームアウト

1806gakuno54
視線の先は、伊勢湾

1806gakuno58
三重県側の景色をワイドに眺める

視界を邪魔することのない山頂で、景色を眺めながら、昼食休憩です。

1806gakuno52
景色を眺めながら、お食事タイム

下山は、北へ三重県の杉平へと下ります。
樹林帯の中へ入ると、急坂の下り。
滑りやすく、要注意。

1806gakuno59
北方向へ下る。奥に遠く見えているのは鈴鹿の山

1806gakuno60
樹林帯の中に入ると、急坂

1806gakuno61
足元が滑りやすい

1806gakuno62
自然林もあるが…

1806gakuno63
植林帯が多い

コアジサイをたくさん見かけます。
小さくて黄色の花もありますが、何の花か名前が分かりません。

1806gakuno66
杉の枯れ枝の隙間からコアジサイが咲く

1806gakuno64
コアジサイ、アップ

1806gakuno67
この黄色の花は?

1806gakuno65
花の終わったマムシ草

急坂を下って、荒れた涸沢で小休憩。
ここからは、少し傾斜がゆるやかになります。

1806gakuno68
急坂を下り、荒れ気味の涸沢で小休憩。ここで左に折れる

1806gakuno69
右側の山腹を下ってきた

石や倒木に苔がぎっしり張り付いています。
それだけ、湿度が高いと言うことなのでしょう。
不安定な足下で神経を遣うのと、ジワッとした湿気で、汗が出ます。

1806gakuno70
苔むす石

沢筋を下ると、ガレ気味の小広場に出ます。

1806gakuno71
小広場のようなところに下りてくる

1806gakuno72
手書きの道標がある

枝打ちされた杉の小枝を踏みながら、すすみます。

1806gakuno73
枝打ちされた杉の道、ふわふわしているが、歩きにくい

1806gakuno74
工事中の林道に出る

新しく造られた林道があると、道を見失いやすいものです。
地図にもなく、単独行だと、こんなところで、よく道に迷います。

1806gakuno76
沢沿いのもとの登山道に戻る

下っていくと、舗装された水谷林道出合。
山道はここで終わり、舗装路を道なりに下るだけです。

1806gakuno78
舗装された林道出合

1806gakuno77
林道に出たところで振り返る

1806gakuno79
出合にある標示

舗装道を快適に下ります。
葉の一部が白くなったマタタビの木を、よく見ます。

1806gakuno80
舗装林道を下る

1806gakuno81
マタタビの木が目立つ

正面に大洞山が見えてくると、杉平の集落です。

1806gakuno83
正面、大洞山

1806gakuno84
大洞山と杉平の集落

下った突き当たりが、伊勢本街道。
ここで、右折して100mほど、ゆるやかに下ると杉平のバス停です。

1806gakuno85
伊勢本街道に出る。ここを右折

1806gakuno86
伊勢本街道出合にある標識

1806gakuno87
T字三叉路のところがバス停、ここで歩き終了

雨が心配されましたが、なんとか下山するまで、空はもってくれました。
バス停に着いたときに、雨がポツリポツリ。
バスが動き出し、しばらくして本降りの雨になりました。

3年前の6月に、同じこの教室で、学能堂山に来ています。
その時は、山頂付近で愛らしい紅花ヤマシャクヤクを、見ることができました。
今回は、残念ながら、見ることができませんでした。

前回の山歩き記は、ここをクリック

山でひと汗かいた後は、道の駅にある「姫石(ひめし)の湯」がおすすめですが、火曜日は定休日です。
いつもより、早く帰ってきました。

2018.06.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/3357-ac1baa1c