FC2ブログ
長野県小布施市で開催された「小布施見にマラソン」(ハーフ)を走って?きました。
小布施の町を、沿道の人たちやボランティアさんなどと、交流を深めながら、楽しんでゴールをめざすこの大会は、仮装ランナーの参加が多く、エントリー数も8千人を数えます。

コース上には、多くのエイドが設置され、給水はもちろんのこと、各所で至れり尽くせりのおもてなしが待っています。
制限時間は5時間で、遅いランナーにもやさしい大会です。

今回は、例年に比べ、ことのほか暑く、ヘロヘロ、ヨタヨタの走りでしたが、気持ちのよい汗が、いつまでも流れ出ていました。


コース
180715obusetizu


スタート地点は、小布施駅前。
午前6時です。

1807obuse4
駅前広場で、スタートを待つランナーさん。皆さんリラックス

1807obuse3
「うまい棒」を全身に張り付けたランナーさん、逆おもてなし?

1807obuse1
遠くから見たとき、造り物かと思いました

1807obuse5
リアリティがあって凄い作り。もはやアートの世界

1807obuse2
スタート前、カロリーメイトやバナナがもらえます

スタートの整列は、フィニッシュタイム順。
最前列はAブロックで、最後列はIブロック。

1807obuse8
スタート地点。Eブロックに並び、ここまで10分弱かかりました

1807obuse7
ファンファーレと演奏(小布施町消防団ラッパ隊)に後押しされて、出発です

1807obuse10
3km過ぎ。集団走です

1807obuse11
田圃の畦道。振り返ると、ずっと長蛇の列が続いています

4km過ぎの岩松院前には、小布施牛乳のエイドがあります。
これから先、いろんな食べ物、飲み物のエイドが待っています。

1807obuse12
岩松院。葛飾北斎最晩年の作「八方睨みの鳳凰」(天井画)がある

1807obuse13
浄光寺(4.6km地点)前の野沢菜エイド

1807obuse14
5km過ぎの上り、着物姿で走る人

1807obuse16
緊急時のために、ドクターランナーさんも走っています

1807obuse18
りんご畑沿いの下り坂

大会を支えて下さっているのは、多くのボランティアさん。
1500名を超えるボランティアさんが、ランナーを迎えてくれます。

1807obuse19
6.5km地点(セブンイレブン向かい側)の小布施屋ジェラートエイド

1807obuse20
立ち止まってジェラートを食すランナーさん

1807obuse21
道路下をくぐり抜け、道路の上を走ります(7km手前)

1807obuse22
トンネルを抜け出たところにあるチーズのエイド

1807obuse23
いろんな種類があります

1807obuse24
トンネルを抜け出て、Uターン

7km地点を過ぎれば、川の土手道。
土手の道は、8km過ぎまで続きます。

1807obuse25
川の土手道でエールをおくる沿道の人たち

1807obuse26
7.7km地点、三登山太鼓の演奏

1807obuse27
ちびっ子たちも、ボランティアで参加しています

1807obuse28
松川沿いを走ります(8km地点)

松川の土手道に別れを告げると、玄照院前。
その直ぐ先が9km地点です。

1807obuse29
笠井美智子さんと仲間の皆さん。クラシック演奏(8.9km)に癒やされます。

1807obuse30
あじさいもエールを送っています

9kmを過ぎると、民家の路地を走ります。

1807obuse31
9km地点には、ミニトマトやプラムのエイドがあります

1807obuse32
プラムをもらいます

1807obuse33
ちょっと固めで、歩きながら食べました

1807obuse34
月光仮面も応援

1807obuse35
美しい歌声の応援(スパークリング・ジョイさん)

1807obuse36
シャワーが、気持ちいい〜

1807obuse37
りんごの生ジュースエイド(10km過ぎ)

1807obuse38
コース上のイベント演奏は、全部で24組。大会を盛り上げています

1807obuse39
宮島フラスクールの皆さん

1807obuse40
13km過ぎ、足がだんだん重くなってきます

1807obuse41
信州おぶせ・上下諏訪神社神楽ばやし
                   
1807obuse42
ブルーベリー、これも信州ならでは

1807obuse43
漬物、キュウリのエイド

1807obuse44
人気の焼肉エイド。長い列ができていて、写真だけにしました

16kmから20km地点まで千曲川桜堤の道です。
16km地点に設置されていた温度計は、すでに29度を超えていました。
体感的には、30度以上です。

1807obuse45
16.3km地点、高山アルプホルンクラブの皆さん

1807obuse46
「ホッとひと息、お熱いお抹茶をどうぞ」。冷茶がほし〜い

1807obuse47
桜堤の野点

1807obuse49
河川敷に浮かぶ気球。ゲストの方が乗っていると聞きましたが、遠くて見えません

1807obuse50
18km手前のアイスのエイド。毎年名物になっています

1807obuse51
シャワーゲート

1807obuse52
ガリガリ君を、食べ終わるまで歩きました

1807obuse53
桜堤から18km地点に向かうランナーの烈

18km手前で、一旦、桜堤を下りますが、再び19km地点手前で上がり、20kmを過ぎると、フィニッシュ地点の小布施総合公園に入ります。
公園を周回して、フィニッシュです。

1807obuse54
一旦、桜堤から離れる

1807obuse62
目の前はフィニッシュゲート。バンザーイ!完走

1807obuse55
厳しい暑さの中、21kmを走りきりました

スタート前に預けた手荷物を受け取り、完走証をもらって、木陰で大好きなすいかをいただきました。
すいかを食べると、全身から汗が噴き出ました。

1807obuse57
完走証受け取り

1807obuse56
すいか食べ放題

1807obuse60
すいかやフルーツ、きゅうりなどを食べながら打ち上げです

1807obuse59
ステージでは、入賞者の表彰が行われていました

たっぷり汗をかいた後は、公園内の噴水で、汗を流しました。
冷たくて、ヒヤッとしますが、とても気持ちのよいシャワーでした。
周りでは、大喜びする子どもたちの声が弾んでいました。

1807obuse61
大型のシャワーです

着替えを済ませ、シャトルバスで、駐車場へ戻り、今夜の宿をとっている白樺湖へ向かいました。
信州でも、平地では、昨日、今日とも、気が滅入りそうな暑さでした。

この暑さの中で、大会を開催して下さった関係者の皆さんやボランティアさん、熱心に沿道からエールを送っていただいた多くの皆さんに感謝いたします。

参考ながら完走タイムは、3時間4分27秒(ネットタイム2時間55分38秒)でした。
時間をかけると、その分、多く楽しめます。

下の写真は、昨日、小布施堂さんで食べた栗アイスです。
撮そうとしているうちに、溶け出してきました。
毎年撮っている栗の小径も撮りました。

いつまで経っても、同じパターンの写真しか撮れません。

1807nyu52
小布施へ来れば、このアイスは外せません

1807nyu53
小布施・「北斎館」前の小布施堂

  1807nyu54
小布施の代表的な見どころ・栗の小径

2018.07.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/3383-1023d66c