FC2ブログ
暑くもなく、寒くもなく、空気はカラッとしていて、とてもいい季節。
あちこちで、春の花真っ盛り。
そこで、阪急仁川駅から甲山へ登り、森林公園を経由して北山緑化植物園へ行ってきました。
甲山は、標高309mの低山、軽登山を兼ねたゆるゆるハイキングです。

行程
阪急仁川駅10:25ー10:28弁天池ー10:58地すべり資料館11:06ー11:15甲山森林公園入口ー11:42甲山登山口ー12:00甲山(標高309m、昼食休憩)12:21ー12:35北山貯水池ー13:09北山緑化植物園13:42ー14:06阪急甲陽園駅 距離約9.3km、所要時間(休憩含む)3時間41分、累計高度(+)約373m(ー)約386m


仁川駅西口を出て、北へすすむと弁天池公園。
周りの遊歩道には、花壇やベンチが整備され、とても、洗練された感じの憩いの場になっています。
池の傍でくつろぐファミリーさんに、ほっこりさせられて、遊歩道を通り、住宅街を抜けて西にすすみます。

1904nigawa1
弁天池公園

1904nigawa2
仁川駅側を見る

静かな住宅街を抜けて、仁川に沿ってすすむと、「地すべり資料館」の道標が現れます。

1904nigawa3
仁川沿いの道をすすむと、地すべり資料館がある

川沿いの道は、行き止まりになっていて、その手前に仁川百合野橋があります。
橋の下は、渓谷のような雰囲気で、子どもたちが元気に歓声を挙げていました。

1904nigawa80
仁川百合野橋

1904nigawa4
橋から来た道を振り返る

橋を渡り、正面の石段を上った右に「地すべり資料館」があります。

1904nigawa5
右に地すべり資料館

1904nigawa6
地すべり資料館

この建物がある仁川百合野町地区は、阪神・淡路大震災による地すべりで被災した場所。
大規模に崩壊した斜面は、きれいに整備されて、芝桜が植えられています。

1904nigawa7
崩落地が整備され、ピンクの芝桜が咲く斜面

1904nigawa8
上部から眺める

1904nigawa9
広い斜面を見ると、崩落規模の大きさが想像できる

「地すべり資料館」は、入場無料。
災害から2年後の1997年に、被害状況と土砂災害の恐ろしさ、その対策を学べる施設として、災害現場の一角に建てられました。
中では、その様子がビデオで流されていました。

右に関西学院大学のグラウンド、左に上ヶ原浄水場を見て、舗装道を上っていくと、甲山森林公園の東入口です。

1904nigawa10
森林公園東口

入口に公園マップがあります。
広い公園で、遊歩道が縦横に巡っています。

1904nigawa11
入口にあるマップ

公園内には、道標が多くあり、それを頼りにしながら歩きました。

1904nigawa12
軽登山道へ

広い遊歩道をすすむこともできますが、敢えて、軽登山道を歩きます。
この道を歩いても、やがて、広い遊歩道に出ます。

1904nigawa13
軽登山道口

いたるところでミツバツツジが咲き、明るく華がある登山道です。

1904nigawa15
軽登山道から見る甲山

テーブルやベンチが置かれていて、休憩をとりながら、ゆっくり散策できます。

1904nigawa16
眺めのよいところにあるテーブルとベンチ

1904nigawa17
丸太の簡易イスも置かれている

1904nigawa18
レストハウスから見る甲山

シンボルゾーンに入って、真っ直ぐな通りには、ヤマモモの木が整然と並んでいます。
さらにすすむと、ユニークな彫刻が、いくつも並んでいました。

1904nigawa19
ヤマモモの木が並ぶ。奥にレストハウス

1904nigawa20
「群鳥」(チャイナストーン)

1904nigawa21
「トンボ」(ノルウェーローズ)

1904nigawa22
彫刻の道

彫刻の森の突き当たりは、笠形の噴水やミストの噴水もあって、歩いていて飽きがきません。

1904nigawa24
笠形の噴水

1904nigawa26
「愛の像」とミスト噴水

1904nigawa27
シンメトリックな景色

甲山の登山口は、甲山自然学習館の左手にあります。

1904nigawa28
登山口になる甲山自然学習館へ向かう

1904nigawa78
西宮市立甲山自然学習館

1904nigawa29
学習館の前に来て、やっと甲山登山口の道標を見つける

ここから山歩きらしくなってきます。
右側には、メルヘンチックな小さな小屋。

1904nigawa30
甲山登山口

光が差し込む明るい登山道です。

1904nigawa31
ミツバツツジが多い山道

途中に、「頼朝の塚」があります。
なぜ、ここにあるのだろう。
その謂われも分からず、登っていきます。

1904nigawa32
「頼朝の塚」

登山道は、途中から階段道となり、山頂まで続きます。
標高はそれほどでもないので、しばらくの辛抱です。

1904nigawa33
階段が続く

ミツバツツジが多い道ですが、山ツツジも咲き出していて、目を楽しませてくれます。

1904nigawa34
山ツツジも開いている

1904nigawa35
青空と新緑、ミツバツツジが目に優しい

1904nigawa37
片隅に咲くスミレ

山頂は、こんもりとして大きく、丸い広場になっています。
周囲を樹木に取り囲まれているため、展望はイマイチです。

1904nigawa38
二等三角点のある甲山山頂

山頂では、10数人の人たちが休憩中でした。
子どもたちが元気に走り回っています。
日陰になっているベンチを見つけて、昼食休憩にしました。

下山は北山貯水池に下ります。
分岐のところには、道標があり、迷うことがありません。

1904nigawa40
山頂から北山貯水池に下る

登りは階段が多い道でしたが、こちらは階段はほとんどなし。
スロープ状で、歩きやすい道です。

1904nigawa41
北山貯水池までスロープ状の道

1904nigawa42
要所に道標

登りでたくさん目にしたミツバツツジは、北山貯水池に下るまで、あまり見かけませんでした。
方角によって、植物の形態も変わります。

1904nigawa43
下りきったところが北山貯水池

1904nigawa44
下山して振り返る

北山貯水池を時計回りに歩きます。
周囲には、東屋やベンチがあり、憩いの公園です。
多くの花が、出迎えてくれます。

1904nigawa45
この花は?、アオダモの木に似ているが…

1904nigawa47
貯水池遊歩道から甲山を振り返る

1904nigawa48
池の傍で、静かに花開くチューリップ

1904nigawa49
八重桜が満開

1904nigawa50
枝垂れザクラもまだ見られます

突き当たったところで、奥の階段から森林公園に入ります。
「北山国有林 廻遊式園路敷」の標識が立っています。

1904nigawa51
奥の石段から山中へ

1904nigawa52
入口に立つ標識

明るい歩きやすい遊歩道が続いています。
標識も洒落た感じで、歩いているのが楽しくなります。

1904nigawa53
歩きやすい道が、緑化植物園まで続く

1904nigawa54
お洒落な標識

スイレンの池もありました。
傍に、東屋もあります。

1904nigawa55
スイレンが覆う池

方々で咲くツツジがとてもきれい。

1904nigawa56
豪華なツツジ

1904nigawa57
ここにも東屋

1904nigawa59
東屋付近の景色、立ち止まって見てしまう

1904nigawa60
花たくさんのツバキ

遊歩道を下ると、西宮市北山緑化植物園です。

1904nigawa76
北山緑化植物園、入園無料

たくさんの花が出迎えてくれますが、白やピンクの華やかな西洋シャクナゲが、すぐに目に入りました。

1904nigawa61
真っ白な西洋シャクナゲ

1904nigawa62
あまり見かけることのないシャクナゲ

園内は、花の楽園。
たくさんの花が咲き誇り、ベンチや芝生の上では、花を愛でながら、休憩している姿が多く見られました。

1904nigawa65
花がいっぱい

1904nigawa64
枝垂れ桜の下で寛ぐ人

1904nigawa66
広い園内なので、緑に囲まれて、ゆっくり散策できる

1904nigawa73
薬草園前の山吹

園内には、西宮市と友好提携都市である紹興市の中国風建物があり、景色に変化をつけています。

1904nigawa74
トキワマンサクが咲く、後方・北山墨華亭

1904nigawa75
墨華亭とアセビ

1904nigawa67
こちらは変わり種のホレストアセビ

京都北山杉を用いた木造銅販葺き平屋建て数寄屋造りの北山山荘もあり、ここも、無料で入れます。

1904nigawa72
北山山荘入り口

手入れが行き届いた日本庭園や茶室があり、とても落ち着いた空間が広がっています。
希望すれば、500円でお菓子付きの抹茶をいただけます。

1904nigawa71
山荘の日本庭園

1904nigawa68
新緑が美しい

1904nigawa69
ウラシマソウ

1904nigawa70
イカリソウ

たくさんの花がありすぎて、とても紹介できません。
歩くコースもいろいろで、ここだけでゆっくり過ごすことができます。

ほどよい時間で切り上げて、阪急甲陽園駅まで歩きました。

1904nigawa77
阪急甲陽園駅

今日歩いたルートは、らくらくのハイキングコース。
危険箇所はなく、老若男女誰でも楽しめます。

広いエリアなので、混雑することもありません。
10人ほどのグループさんと何組か出会いましたが、混雑感は全く感じませんでした。

自然いっぱい、花いっぱい。
それに、地すべり資料館、甲山自然学習館、森林公園、緑化植物園などの入館・入園料はすべて無料。
お金を使わずして、経済的。
安・近・短のおすすめコースです。
ゴールデンウィークも人混みもなく、ゆっくりできそうです。
2019.04.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/3663-d3ff69b7