FC2ブログ
明日の小布施見にマラソン出場で、午前零時過ぎに我が家を出発。
小布施まで途中に2回、仮眠をとり、小布施到着は8時半。

天気が良ければ、北志賀の高社山に登るつもりでした。
ところが、青空が覗くも山頂は雲が覆い、予報は下り坂。
早々と諦め、大会受付を済ませて、小布施の町ぶらり歩きにしました。

1907obu16
前日受付駐車場の小布施中学校(午後撮影)

1907obu30
受付会場の小布施町役場

1907obu32
朝早く、人はまばら

1907obu31
参加賞(Tシャツ、ペットボトル水、ドレッシング、フリーズドライのスープなど)

何度も歩いている小布施の町。
いつもきれいな小布施です。

北信濃の小さな町ですが、栗と葛飾北斎で知られ、町のどこを歩いていても、癒やされます。

1907obu23
メイン通りはタイル貼り、植栽、休憩用の石のベンチが置かれている

1907obu24
通りにある物語看板

きれいな建物のお店が並び、庭は季節の花や植栽が彩ります。
民家の庭も、オープンガーデンとして公開されているところが多く、ゆっくり見てまわっていると、時間が経つのを忘れます。

1907obu33
オープンガーデンがされているところには、このプレートがある

 今回で小布施は11回目。
何度も来ているのは、大会の魅力もさることながら、この町に惹かれているからとも言えます。

1907obu34 
代表的なお店の一つ、桜井甘精堂さん付近

1907obu1
案内板一つとっても凝っている

1907obu3
かんてんぱぱショップ小布施店さんのオープンガーデン

1907obu29
茅葺屋根の建物と解放されたオープンテラス

1907obu2
造形された松と花

1907obu27
松を眺める

1907obu4
オープンガーデンには、小林一茶の像が置かれている

1907obu5
あじさいと藏のある屋敷

1907obu6
さりげなく置かれた大八車が風景を演出する

1907obu7
大胆な壁画と小径

中心部にある北斎館や桜井甘精堂北斎亭、小布施堂傘風楼の辺りは、最も観光客の多いところ。
名物の栗おこわや栗ソフトがいただけます。

来る度に食べているのは、傘風楼さんの栗ソフト。
何度食べても、絶品です。

1907obu11
メタセコイヤの大木と傘風楼

昨年まではメタセコイヤの下に、テーブルとイスが置かれ、座って食べていたのですが、それが無くなっていました。
お店の人に聞きました。
「鳥が木の上に止まって、ふんをして迷惑がかかるので、撤去しました。お客さんには申し訳ないのですが…」
縁石に座って、いただきました。

1907obu8
大粒の栗がいくつも入っている栗ソフト

食べていると、何度も雀がやってきました。
人になついていて、すぐ近くまでやってきます。
この光景だけは、変わりません。

1907obu10
石畳の上を動き回る雀

1907obu12
桜井甘精堂北斎亭と右に藏部のお店

栗おこわは、これまで甘精堂さんと竹風堂さんのものを食べています。
今回は違ったところで。

北斎館の南にある喜の呼庵(きのこあん)さんにしました。
建物4階は、展望台になっています。
こんな展望台、あったっけ?。
これまで気付いていませんでした。

1907obu22
2階が食事処・喜の呼庵

1907obu21
階段を上る

1907obu17
今回戴いた栗おこわのセット

食べ終えてから屋上展望台に上がってみました。
なかなかに良い眺め。

予報が外れて、朝より天候が良くなっています。
これだったら、山に登れたかも…。
未練がましく、そんな気持ちもわいてきました。

1907obu37
遠くに見えるのは、北信五岳の山

1907obu19
五岳の一つ・斑尾山

1907obu35
奥に高社山、右にシンボルのメタセコイヤ
 
1907obu20
小布施の山、明日はこの裾野も走る

展望台を降りて、見えていた煙突のところへ行ってみました。
酒造りに使われたもので、今ではお店のシンボルとしてそびえ立っています。

1907obu26
酒造りで使われていた、耐震補強がなされ保存されている

その後も、「栗の小径」やオープンガーデンをぶらり、ぶらり。

1907obu13
人気スポット・栗の小径

1907obu14
民家の庭に、苔むした大きな岩

1907obu15
しっとりとした味わいのある庭

1907obu25
路地の一角、前に水路が通るお店

今夜の宿は、北志賀高原山麓にある「ゲストハウスかのか」さん。
お泊まりは、9人。

ご夫婦さんで経営する民宿で、食事はなし。
近くのイオンさんで、夕食と朝食を調達して、夕食は食堂でいただきました。

お風呂は一番に入らせていただき、明日に備えて早めに就寝。
心配された雨が、夜中から降り出しました。


2019.07.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/3747-c2decbb5