FC2ブログ
昨年の秋頃から左人差し指にイボ状のものができ、いくら切っても大きくなってきます。
冬場は寒いものですから、大きくなってくると、中央部が切れて出血もしていました。
これまで風呂上がりに爪切りで切りとって対処していました。

職場の近くに午後8時まで開けている皮膚科があり、今晩初めて皮膚科を受診しました。
やっぱりイボでした。
治療は液体窒素で焼きとるのですが、1週間に1回、イボが落ちるまで通わなくてはなりません。

素人療法で勝手に切ったりすると、それが広がってイボが増え、かえって逆効果なのだそうです。
診察のときに他にできていませんか?とDrから聞かれました。

治療方法は綿棒に液体窒素を吸い込ませ、それを患部に何回か当てて焼きます。
簡単な治療法ですが、当てているときに、患部にジーンと痛みが出てきます。
意外に痛みが伴います。
子どもにこの治療を施すと、痛みで泣き出してしまうようです。

治療が終わった直後のイボは白くなっていました。
我が家へ帰って患部を見ると、火山の噴火口のように見えます。
単純なイボで一安心です。
2010.05.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/508-293710d2