今朝のテレビニュースで、みかた残酷マラソンが取り上げられていました。
全長24kmのアップダウンが連続するハードなコースを多くのランナーが走ったということでなく、今、社会問題になっている口蹄疫に関してです。

口蹄疫は宮崎県で大きな問題になっており、それが他県に拡大しないように必死の対策がすすめられています。
小代地区は但馬牛の地元、コース脇には牛舎もあります。
これが飛び火してくると大変なことになります。

会場では、それを防ぐために消毒液が置かれ、参加者にも協力を呼びかけていました。
また、牛舎には近づかないようにとの注意もありました。

大会開催云々もギリギリまで検討されたようです。
そんな状況の中での開催でしたから、テレビで取り上げられたのだと思います。
困難な問題を抱えながら、町の英断によって走ることができたことに心から感謝の言葉をおくります。
2010.06.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/535-78d40c44