FC2ブログ
11勝田マラソン3

水戸駅7時33分到着。
高速バスを降りて、駅のコンコースに向かうと、寒い早朝の中で、号外を配っている人がいます。
手にとって見ると、サッカーのアジアカップ優勝の見出しと写真が大きく載っていました。
強豪オーストラリアを延長の末、1対0で破っての見事な優勝です。

記事に気を良くして、勝田へ向かいました。
JR水戸からJR勝田駅はわずか一駅。
勝田駅はひたちなか市の中心となっている駅、ランナーで混雑しています。
駅からマラソン会場までは徒歩で10分ほどですが、駅前から会場までの送迎バスが出ていて、楽してそれに乗りました。

 勝田マラソンは今年で59回目、フルのエントリーは11.000人を軽く超え、女性ランナーも1500人を超える人気大会です。
ひたちなか市を周回するようにコース設定がされていて、通りに面した両側には、大会旗がなびき、町全体がマラソン一色。
メイン会場の石川運動ひろばには、たくさんのテントと並び、多くの店が出ています。

11勝田マラソン 青空が広がっているものの、気温は低く、風が吹くと寒さが身に染みます。
外で着替えるの止めて、更衣用に用意されたテントの中に入りました。

ランナーの熱気もあり、テントの中は暖かく、着替えが苦になりません。
長タイツを着用し、上は長袖Tシャツ、その上に半袖Tシャツを重ね着しました。

着替えて外に出るとブルルと震えがきます。寒いと走る気持ちが萎えてきます。
スタートは11時、市内中心部を走るフルマラソンにしては遅いスタートです。
中盤までは、沿道の声援を受けて、サブフォーペースで走っていましたが、28km過ぎから身体が動かなくなりました。
  
11勝田マラソン2 

35kmでサブフォーは諦め、4時間10分切りに切り替えました。
35km以降は完全なメロメロ状態、腕がまったく振れません。
歩きを入れてなんとかゴールを果たしましたが、結果は4時間06分37秒と一週間前の湘南マラソンより10分近く遅いタイム。
寒さと2週続きのフルの影響が堪えました。

着替えでは手が縮かんで、安全ピンがなかなか外せません。
会場内で食べ物やスポーツ関係のグッズのお店がたくさん並んでいました。
生バンドの演奏もありました。
暖房の効いたところへ早く行きたくて、駅行きの送迎バスに乗り込みました。

11勝田マラソン4  11勝田マラソン表彰式 

お風呂が恋しく、交番やお店で聞きました。
駅から遠く、しかもわかりにくそうな場所のため諦めました。

マラソンの参加賞「完走いも」は、食べずにお土産として持って帰ることにしました。
茨城県は乾燥芋の産地です。
「完走芋」の袋には”君よ、勝田の風になれ!”と書いてあります。

完走芋   11勝田マラソン5 

水戸駅のお店でお土産に、職場には「梅」と「ゆず」羊羹、我が家には「水戸の梅」(和菓子)を買いました。
夕食は駅6階レストラン街にある中華料理店で、具たくさんの「蘇州海鮮ラーメン」を食べました。
食べている途中で、疲れがドッと出てきて、眠気が急に襲ってきました。
2011.01.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://megusun.blog59.fc2.com/tb.php/717-b950585a