FC2ブログ
今年初めての山歩き。
とは言っても、近場のゆるゆるハイキングです。
京田辺市西部にある甘南備山(かんなびやま)。

あまり知られていない山ですが、平安京造営では洛北・船岡山とこの山を南北に結んだ基線をもとに、平安京の朱雀大路が造られたとも言われています。
標高はわずか221mで、遊歩道が整備された優しい山です。

行程
近鉄新田辺駅10:12ー10:24棚倉孫(たなくらひこ)神社10:33ー10:43酬恩庵(しゅうおんあん・一休寺)10:44ー10:47薪(たきぎ)神社10:49ー11:13登山口・石標のある分岐ー11:22取付(通報ポイントA-16)ー11:37藤棚の展望所
11:39ー11:40二等三角点(雌山・標高201.6m)11:42ー11:55甘南備山(雄山、神南備神社・標高221m、昼食休憩)12:16ー12:19展望台12:20ー12:41登山口ー13:18近鉄新田辺駅 距離約9.7km 所要時間(休憩含む)3時間06分、累積標高(+)約268m

ルート



新田辺駅舎前にある京田辺市の名所・旧跡、公共機関などが示された「ええとこマップ」で、位置確認して出発です。

1901kan1
「ええとこマップ」(一部)

京田辺市は一休さんで有名な酬恩庵(一休寺)があり、駅前には、一休さんを紹介する看板や銅像が立っています。

1901kan3
京田辺市は、一休さんのまち

1901kan2
駅前に立つ一休さん

JR京田辺駅西口前を通り、西にすすむと府道八幡木津線です。
通りに出たところで右折し、少し行くと左に棚倉孫神社。
スロープ状の参道を上って、神社に立ち寄ります。

1901kan5
府道から分かれて棚倉孫神社へ

参道を横切るように天井川が流れています。

1901kan6
参道、府道を天井川が横切る

境内には、樹齢300年以上のケヤキや、クロガネモチの大木があり、目を惹きます。

1901kan12
ケヤキの大木の奥に、お社がある

1901kan10
京田辺の未来に継ぐ古木・希木になっている

1901kan11
ケヤキの上部

棚倉孫神社は、珍しい瑞饋神輿(ずいきみこし)で知られています。

『瑞饋神輿』
十月十五日に合わせてずいき、とうがらし、きんかん、千日紅、白米、豆類等を使用してずいきみこしを製作する。
大人用は、隔年製作、子供用は毎年製作。
(棚倉孫神社案内板から抜粋)

1901kan8
棚倉孫神社案内

1901kan7
瑞饋神輿(案内板から)

拝殿でお参りを済ませて、一休寺へと向かいます。

1901kan9
石の鳥居は元禄15(1702)年に、淀藩の藩主に寄進されたもの。奥は拝殿

府道に戻り、先へすすむと信号で、交差点に「一休寺500m」の標示があります。
信号から一休寺までは、「一休とんちロード」と名前がついています。
左折し、山手幹線を横切ると、ほどなくして酬恩庵(一休寺)です。

1901kan13
とんちロードの案内板

1901kan14
酬恩庵総門

総門をくぐったところで写真だけ撮って、先へすすみました。

1901kan15
総門から参道を見る。左奥に三本杉の一部が見える

酬恩庵の先に、薪(たきぎ)神社があります。
ここには、能楽発祥の碑が立っています。

1901kan16
薪神社二の鳥居、奥に拝殿、右に石碑

1901kan17
能楽発祥の碑

神社前の道には「水辺の散策路 手原川一休みルート」と文字がペイントされていました。
京田辺市では、散策や健康増進のためにウォーキングを楽しめるよう、”水辺のみち”を、散策路として整備しています。

1901kan18
甘南備山へは、この手原川ルートを経由する

薪神社から一旦、酬恩庵総門前まで戻り、総門前から北へ住宅地の路地をすすみます。
左折するところ、民家の角に、甘南備山の道標が立っています。

1901kan19
民家の前にある道標

西光寺に突き当たり、左折してすすむと信号。
渡って道なりにすすみます。
信号を過ぎると、周り一帯は、のどかな田園風景が広がる景色です。

1901kan20
整備された案内板がある

甘南備山は、里山のような低山ですが、立派な案内板や道標が随所にあり、京田辺市や地元の皆さんの想いが伝わってきます。

1901kan21
途中にある道標

京阪奈自動車道の下をくぐると、前方に甘南備山が大きく見えてきます。

1901kan22
京阪奈自動車道の下を通る

1901kan23
雄山と雌山からなる双耳峰の甘南備山

きれいな竹林、田畑の一角に熟したたくさんの柿のなる様は、田園風景をより一層際だたせています。

1901kan24
青空をバックに竹林

1901kan25
こんなにたくさんなっているのに、鳥に食べられないのが不思議

山裾近くに、「左 甘南備山」の石標が立っています。
ここは、二股の道になっていて、左に真っ直ぐすすめば、甘南備山の最短ルート。
このルートは、下山で使うことにして、右の水路沿いの道へすすみます。

1901kan26
分岐角にある石標、真っ直ぐすすめば最短ルート

1901kan27
石標を左に見て、右手の道をすすむ

少しだけ、山歩きらしくなってきます。
道幅は広く、とても歩きやすい道です。

1901kan28
田園風景に別れを告げ、山へと入る

分岐から5分ほどすすむと、A-17のポイントで、ここは雨乞いの小径・吉やんの滝の入口になっています。
マップがあり、ここからも行けそうですが、先へとすすみます。

1901kan29
雨乞いの小径入口、マップが掲示されている

ところが、この先、通行止めの標示。

遊歩道(山内登山道)倒木が多数のため、通行止めといたします。

1901kan30
アレレッ、通行止め

遊歩道はたくさんあるようなので、そのまま、直進しました。
倒木で通れないようならば、迂回路がとれそうです。

次の取りつき口が、A-16ポイント。
ここから登ることにしました。

1901kan31
前方左が、A-16の取りつき

水路を渡り、階段道を登っていきます。
適度な傾斜のある道です。

1901kan32
このルートは、ヒノキの小径

1901kan33
周りはヒノキの植林帯

広い遊歩道です。
ところどころで階段を交えながら登っていくと、尾根道へと入ります。

1901kan34
道標が整備された広い遊歩道

1901kan35
落葉が積もる階段を登る

尾根道に入ると、倒木が目立ってきます。
遊歩道は、通りやすく整備されていて、通行には支障はありません。

1901kan36
無残な光景

昆虫の森分岐を過ぎ、すすむと、藤棚のある展望所。
視界が開けています。

1901kan37
昆虫の森

1901kan38
現在地を示したマップがあり、とても、ありがたい

1901kan39
藤棚のある展望所

1901kan40
展望所から見る北側の景色、左奥に比叡山

藤棚の展望所から右に少し登ると、二等三角点があります。
甘南備山は、雄山と雌山と二つの峰からなる双耳峰で、こちらは雌山。
神南備神社のあるところが、雄山です。

1901kan41
三角点方向にすすむ。こちらにも藤棚がある

細長い広場のようになっていて、展望が良く、丸太のベンチが置かれています。

1901kan42
三角点のあるポイント(A-14)

1901kan43
二等三角点

1901kan46
三角点のある広場

1901kan44
正面、比叡山

1901kan45
愛宕山方向

1901kan47
北摂方向

尾根道をすすみ、神南備神社へと向かいます。

1901kan48
倒木の被害がひどい

尾根道を下ると、舗装された管理道に出ます。

1901kan49
管理道出合

1901kan50
出合地点にあるマップ

出合で左折すると、舗装道向かいに神南備神社へ続く階段があります。
右の階段を登ります。

1901kan51
管理道から神社の道に入る

1901kan52
分かりやすい道標

野鳥の森、峰の森の分岐を見送ってすすむと、神南備神社です。

1901kan53
峰の森分岐

1901kan54
神南備神社の境内に入る

1901kan59
神南備神社

甘南備山の山頂は、お社のあるところです。

1901kan55
拝殿にお参り

周りは倒木や、石標などが一部壊れていますが、境内は掃除が行き届き、きれいでした。
立派な方位盤も置かれています。
東側の視界が開けていて、丸太のベンチに腰掛けて、昼食タイムにしました。

1901kan56
山名も刻まれた立派な方位盤

1901kan57
神社の境内から東側の光景、左に山城大橋、右奥に鷲峰山

1901kan58
眼下は京田辺市の市街地

休憩中に、地元の高齢男性さんと、犬を連れた男性さんが登ってこられました。
最短ルートだと、麓から歩いても、往復で1時間もかかりません。
下山は、最短ルートをとります。

1901kan60
最短ルートで下る

短い急坂を下ると、左に下山道が続いていますが、展望台に立ち寄ります。
分岐の先にあります。

1901kan61
木製で本格的に作られた展望台

1901kan62
展望台からの景色、正面右寄り比叡山

1901kan63
山城東部の山

1901kan64
京都方面

1901kan65
展望台には、温度計もありました。気温5℃

展望台から分岐に戻って、下山道をすすみます。
舗装された管理道で右折。
しばらく下ると、左に防火池があり、そばにトイレの建物があります。

1901kan66
管理道を下る

1901kan67
防火池にしては、立派

1901kan68
トイレの建物

トイレの横から、管理道と分かれ、旧下山道に入ります。

1901kan69
旧下山道を下る

やや急な道ですが、旧下山道と言っても、広くて歩きやすい道です。

1901kan70
こちらも快適な道

展望台から20分ほどで登山口です。

1901kan71
登山口、駐車場が見える

1901kan74
登山口を正面から見る。「京都の自然二百選」になっている

登山口には、駐車場もあり、数台の車が止まっていました。
管理道を少し登ったところに、東屋のある芝生広場があり、子どもたちの賑やかな声が聞こえていました。

1901kan73
登山口にある案内板

登山口から、歩いてきた道を、駅まで辿ります。

1901kan4
近鉄新田辺駅

低山ながら、案内板、道標が多く、とても快適に歩くことができました。
急登のようなところはほとんどなく、危険箇所もありません。
持っていた地図には載っていませんでしたが、甘南備山は、山全体に遊歩道が通じ、いろいろと工夫して歩くことができる山です。

休憩を含めても、3時間少々。
のんびり歩くには、おすすめです。
2019.01.18 / Top↑
市が行っている特定健診。
かかりつけの循環器科の医院で受診しました。

朝食抜きで医院まで片道30分余りの道をてくてく。
問診票を添えて、窓口で申込み。
検査項目は、身長、体重、血圧測定、お腹周りの計測。
それに、検尿、採血、心電図検査。
オプションで、大腸ガン検査(検便)です。

寒かったので、登山冬用のアンダーを着ていくと、
担当の看護師さんが「私も寒さ対策で、同じのを着ています」。
そこから、山の話題に話しが弾み、採血のときもほとんで痛みを感じず。
(注射が、とても上手な看護師さんでした)
気になる血圧は、高めの134。

受診を終えて、ミスドさんで、ドーナッツとコーヒー。
これが、朝食。

ついでに、本屋さんに寄って、しばらく立ち読み。
1冊だけ、本を買いました。
「関西 気軽にハイキング」(実業之日本社刊)

  190117a

近辺の低山ハイクを紹介した本で、山歩きには物足りないところがありますが、ぷらりと出かけるには、よさそうと思って購入。
年が明けて、まだ、どこへも行っていないので、これを読んで、そろそろ始動です。
2019.01.17 / Top↑
寂しいできごとがあって、4日間、ブログを休んでいました。
気持ちを切りかえて、またアップしていきます。

今日は歯医者さんの受診日。
待合室で、何気なく手に取った週刊誌をめくっていると、

葛飾北斎に学ぶ「健康長寿」の奥義

の大きな見出しが目に飛び込んできました。

リードには、
80歳を超えても身の回りのことを十分にこなし、頭の働きは現役並みー。
現代人が憧れる”スーパー高齢者”の生きざまを実践したのが、江戸時代の天才絵師、葛飾北斎。

(サンデー毎日1月27日号より抜粋)

葛飾北斎は、天保13(1842)年83歳のとき、信州小布施の豪商・高井鴻山に招かれて、初めて小布施を訪れ、その後、4年間で7回も小布施に行っています。
小布施では、北斎が残した多くの足跡を目にすることができます。

小布施には、マラソン出走で、これまで10回ほど行っています。
「北斎館」や「高井鴻山記念館」、八方睨み鳳凰図で知られる「岩松院」などは、親しみのあるところです。
80歳を過ぎてから、何度も小布施を訪れ、創作活動に没頭した北斎のバイタリティーには、恐れおののくほどの驚きがありました。

記事には、北斎が江戸から遠く離れた辺鄙な小布施で、なぜ、創作活動ができたのか、没頭できたのかが詳しく書かれていて、興味深く読みました。

今夏も、小布施に行く予定なので、この記事を読んで、また、違った見方ができるかもしれません。

「八の字の ふんばり強し 夏の富士」

北斎は、83歳の晩夏、この一句を残して江戸を旅立ったそうです。

さて、今日の一枚は、先日、クイズで当選したQUOカードです。
相方さんのもとに、奈良テレビさんから送られてきました。

190116a 

2019.01.16 / Top↑
久しぶりに、けいはんな映画劇場へ。
ちょうど一年前にロードショーされた「嘘八百」。

19uso 
(C)2018「嘘八百」制作委員会より

古美術商(中井貴一)と天才陶芸家(佐々木蔵之介)の男二人が、「幻の利休の茶碗」をでっち上げ、大手美術商(芦屋小雁)とその仲間だった古美術鑑定家(近藤正臣)に復習するストーリー。
古美術商と天才陶芸家は、二人に騙され大損をした過去があります。

利休の贋作の茶碗は、家族や仲間、文化庁まで巻き込んで大騒動に。
舞台は、大阪堺市。
関西の芸人さんも多く登場し、出てくる登場人物の多くが、だます人ばかり。
さながら、狐とタヌキのだまし合いのようで、楽しい映画でした。

映画を見終えて、けいはんなプラザ2階の「星陽亭」さんで、ちょっと豪華なランチ。
古希のお祝いを兼ねて、張り込んでもらいました。
おいしくいただいて大満足でした。

【本日のランチ】
 
190111b
(オードブル)鰤といくらのタルタル

190111c
(スープ)さつまいものスープ

190111d
パン

190111e
(メイン料理)仔牛のソテー 胡椒風味のソース

190111f
フルーツのプリン、コーヒー

今夜の夕食は、お赤飯でお祝い。
ちょうどその時、奈良テレビの生放送中の「ゆうドキッ!」さんから電話がかかってきました。
QUOカード1.000円分が当たりました。
放送中に、応募していました。

190111a 
「ゆうドキッ」(奈良テレビから)。相方さんはアナウンサーさんと電話会話中です

生放送であっても、実際の生の声と、テレビの音は、1秒くらいずれています。
両方の声を聞いていると、おかしな感じでした。
うれしいことが重なりました。

2019.01.11 / Top↑
天気良くないし、寒いし、こんなときは行きつけのコメダさんへ。
いつもの席に座って、店員さんには、「いつもので…」。
モーニングで、大抵、1時間は過ごしてしまいます。

190110a
コメダさんから生駒山方向を見る

何もすることがないときは、楽しいことに思い巡らすのが一番。
暖かくなったら、どこか旅行でもしたいと思い、ネットで候補探し。
東北や北海道は、行きたくても、遠すぎ。
2人で3泊もすると、軽く10万円がとんでしまいます。

長らく行っていない南九州あたりがいいかな。
コースをうまく工夫すれば、開聞岳や霧島山にも登ることも可能です。
温泉や見どころも、そこそこあって面白そう。

とりあえず、交通と拠点となる指宿とえびの高原をおさえました。
日程は、これからのんびり考えます。
2019.01.10 / Top↑